超合金精錬所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

遅延すること丸三ヶ月。


 さて、明日は10月です。


 漸く博麗神社社務所からレスポンスがありました。


>個別窓口
>企業や即売会関係の方、抽選漏れ通知未着および遺失物の問い合わせ、
>その他、代表(鈴木)へ直接連絡が必要な方はこちらまでお願いします。
 と、ある個別窓口にメール送ってもなしのつぶてでしたが、

>参加者窓口
>イベント全般のお問い合わせ・ご相談はこちらまでお願いします。
 と記された参加者窓口に連絡取ったら12時間後には丁寧な返信がありました。
 要約すると、

『ただちに担当者(鈴木代表)へ確認させていただきますのでもう暫くお待ちください』

 次の日には、

『お問い合わせいただいた抽選漏れ通知未着の件につきましては、
 担当へ確認のうえ参加者窓口の方で発送させていただく事になりました。』

 そして今日帰ってくるとポストに配達郵便記録の不在票が入っていました。
 実に速やかな仕事です。
 
 ――漸くです。
 6月1日にメールを送ってから四ヶ月近く。


 それも「こちらに」と記してある窓口とは別の窓口に連絡を取っての解決です。
 いやいや、えらい目に遭いました。
 解決に導いてくれた友人には大感謝です。
(「返信がない」と嘆く自分を見かねた友人が密かに動いてくれていたのです)

 しかし、参加者窓口に連絡とってから不在票くるまでたった三日です。

 個別窓口に連絡とって二ヶ月なしのつぶてで、夏コミで事態を知ってからさらに一ヵ月半進展なしだったのが、たった三日であれよあれよと解決ですよ。

 なにこの電光石火。

 というか、

お金が絡んでいる事で四ヶ月近く一切レスが無いって、弁護士に相談するところですよね。

 まあ、もうお金返ってくるんで相談せずに済みましたが。
 しかしお金の問題抱えたまま次回やります告知って、ブラックな話ですよね。
 もし友人が参加者窓口に連絡とってなかったら、
 ――次回の例大祭、なかったかもしれませんね。
 いやいや、怖や怖や。

 さーてさて、次回の例大祭が楽しみですね。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。